高松駅からタクシーで5分くらい、中央通りから美術館通りに入ってすぐにある高松市美術館の斜め向かいに「城の眼」があります。

1962年オープンの元祖デザインカフェ、設計:山本忠司、インテリア:彫刻作家 空充秋、施工:岡田石材と芸術家・専門家によって作り出された店内は落ち着いた雰囲気で心が癒されます。

壁面は、ニューヨーク万国博覧会の日本館のために試作された石彫レリーフをそのまま利用し、入り口には、庵治石でできた3~4トンもあるスピーカー・ボックスなど珍しい逸品が店内を彩っています。

 

 

どのメニューも昔ながらの素朴な味を楽しめますが、喫茶店では珍しい中華そばがおすすめです。デザートに自家製チーズケーキとコーヒーでその日の疲れも吹っ飛びます。(店内タバコも吸えます)

 

 

観光の合間に休憩するのに最適な場所にありますので、是非一度お立ち寄り下さい。

 

喫茶 城の眼

住所:高松市紺屋町2-4

電話:087-851-8447

営業時間:7:30~18:00

定休日:日曜日 祝日不定休
※お店の情報は取材時のものです。

-->